cafeside
オフィスコーヒーサービス導入を初めてご検討されるお客様へ→

FRESH BREW®

“特別な一杯”をあなたのワークプレイスに。

フレッシュブリュー®は、快適な空間づくりのお手伝いと
新しいコーヒー文化の魅力をお届けします。
変化していく職場環境の中で、人と人との繋がりを大切に、
ご縁を紡いでいく社内のコミュニケーションの場を創造します。

「フレッシュブリュー®」の想い

商品説明1

総合商社三井物産から生豆を直接仕入れ、美味しいコーヒーをオフィスで楽しんでいただくために、ブラジル・コーヒー鑑定士が豆を厳選しています。生豆に含まれる水分量は、その日の気候や時間の経過によって日々変化しているため、毎日調整しながら焙煎しています。
「美味しいコーヒーを新鮮なうちに、お客様にお届けしたい。」
「今までのコーヒー概念を変えたい。」という想いで、多くの方々に“美味しい”と言ってもらえるコーヒーを目指しています。

コーヒーマシンは、コーヒーの味わいを最高に引き出してくれるユーラ社(JURA)、フランケ社(FRANKE)をメインに採用、カップに注がれる瞬間まで、フレッシュブリュー®は全ての工程を大切にしています。

「フレッシュブリュー®」の生まれた理由

2014年、多様な価値観が交差し、企業の多くが「社内のコミュニケーションの活性化」の課題を抱えていました。 当時、コンビニエンスストアが提供するセルフ型のコーヒーサービスや、ワインのように、農園ごとの異なるコーヒーの味わいを楽しむサードウェーブコーヒーなど、コーヒーへの人気が高まり国内のコーヒー消費量は増加傾向にありました。

コーヒーは、コーヒーハウスのような社交場に人々が集い、色々な会話をしながら「コーヒーを嗜む」魅力があります。 それは、職場でも同じことが言えるのではと考えました。

社内のコミュニケーションの活性化を実現するために、私たちができることをカタチにしよう。 そんな想いから「フレッシュブリュー®」を立ち上げることになりました。 オフィスの中に「いつでも美味しいコーヒーが飲める場所」をつくれば、自然と人が集まり、その場できっと会話が生まれると。。。。

OUR STORY

コーヒーの美味しさは、生豆の「品質と鮮度」で決まる。

商品説明2

コーヒーは野菜や果物と同じ生鮮食品。
美味しいコーヒーを楽しむにはコーヒー豆の「品質」だけでなく、
焙煎した後の「鮮度」がとても重要なポイントになります。

「焙煎したて」の美味しさを、
お届けしたい。

コーヒーは野菜や果物と同じ生鮮食品。
美味しいコーヒーを楽しむにはコーヒー豆の「品質」だけでなく、
焙煎した後の「鮮度」がとても重要なポイントになります。

商品説明2
商品説明2

『 鮮度 』がわかるように、
焙煎日をパッケージに記載

コーヒーは野菜や果物と同じ生鮮食品。
美味しいコーヒーを楽しむにはコーヒー豆の「品質」だけでなく、
焙煎した後の「鮮度」がとても重要なポイントになります。

フレッシュブリュー®コーヒー豆について

フレッシュブリュー®︎
フレッシュブリュー®︎

ブラジル・珈琲鑑定士が
厳選した豆

フレッシュブリュー®のコーヒー豆は、ブラジル・珈琲鑑定士により、厳選した品質の高い生豆だけを買い付けています。

豆が持つ個性豊かな風味を引き出せるよう、独自の焙煎技術で、煎り具合の細かな調整を日々行っています。

焙煎後、コーヒー豆の酸化を低減させるために、当日袋詰め。
焙煎豆が出す炭酸ガスを効率よく排出する「フレッシュバルブ」を採用し、よりフレッシュな状態でお客様のオフィスへコーヒーをお届けしています。

お客様のオフィス環境に合うコーヒーマシンのご相談やリフレッシュメントスペース作りの方法など、お気軽にご相談ください。

フレッシュブリュー®のコーヒーマシン は、上質な空間を演出するデザインでさまざまなオフィスに馴染み、質の高いセルフサービスのコーヒーとしてご利用いただけます。

コーヒーマシン
コーヒーマシン

フレッシュブリュー®

エスプレッソ抽出式コーヒーマシン E6プラチナ

世界50か国以上で愛されているスイスのブランドJURA(ユーラ社)のコーヒーマシン「E6プラチナ」 。

抽出ボタンを押すと、コーヒーを挽くグラインド音が始まり、新鮮なコーヒーの心地よい香りが広がります。
コーヒーが注がれた液面のなめらかなクレマ(泡立ち)の舌触り、口の中に含んだ瞬間に広がるコーヒーの風味、五感すべてを通して、是非、フレッシュブリュー®をご体験ください。

ユーラ社のブランドアンバサダーには、史上最高のテニス選手ロジャーフェデラー氏が努めています。

フレッシュブリュー®

画像:ラッキーコーヒーマシン提供

フレッシュブリュー®

ドリップ抽出式コーヒーマシン BM SAD1

フレッシュブリュー®のオリジナルレシピに対応した全自動のペーパードリップ抽出式のコーヒーマシン、BM-SAD1。

コンビニエンスストアのように、“挽きたて・淹れたて”のドリップコーヒーがボタンひとつで味わえます。
1杯分ずつコーヒーを挽きますので、芳ばしい香りがコーヒーマシンの周辺に漂います。

お客様にはコーヒーマシンを安心してご使用いただくために、年間保守点検契約の加入をおすすめしています。営業マシンについては、営業担当者へご相談ください。

フレッシュブリュー®のコーヒーマシン

従業員の満足度を保ちながら、生産性を上げる「休憩の取り方」が注目されています。
「小休憩」を取り入れて従業員の集中力を持続させるために、職場にプレミアムなコーヒーを導入し、業務効率アップを図られています。

フレッシュブリュー®

フレッシュブリュー®

エスプレッソ 抽出式コーヒーマシン A600

バリスタが淹れたような濃厚で泡立った
クリーミーなミルクメニューをお楽しみいただけます。

新しい時代のオフィスでのコーヒーの価値を創造し、お客様の職場にあったカフェのような空間づくりをお手伝いいたします。

*フレッシュブリュー® レシピ対応

お客様にはコーヒーマシンを安心してご使用いただくために、年間保守点検契約の加入をおすすめしています。営業マシンについては、営業担当者へご相談ください。

仕様情報

FRANKE A600(フルオートコーヒーマシン)動画を見る

2分41秒

自社焙煎工場について

自社焙煎工場について

総合商社三井物産から生豆を仕入れ、
珈琲鑑定士がコーヒー豆の
品質をチェック

コーヒーの香味を安定維持させる上で、生豆の仕入れ前のサンプルチェックはとても重要です。
珈琲鑑定士が生豆を厳選、サンプルロースト後、カッピングを行い品質チェックし評価、品質の高い豆だけを仕入れます。

フレッシュブリューの推奨コーヒーマシンが、コーヒーの香味を適正に抽出しているか、官能テストにより評価しています。

環境に配慮した取り組み

環境に配慮した取り組み

持続可能性に配慮した
当社プライベートブランドの
レインフォレスト・アライアンス認証コーヒー

エームサービスは、「持続可能性に配慮した基本方針」を策定し、より一層安全で安心な商品の調達・サービスの提供を努めるとともに、事業を通じて環境や人権への影響にも配慮することで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

その取り組みの一環として、自社焙煎工場での生産・流通・加工過程の管理規格における認証(レインフォレスト・アライアンス Chain of Custody)を取得し、また、レインフォレスト・アライアンス認証農園で生産されたコーヒー豆を使用した商品の取り扱いしております。

レインフォレスト・アライアンスとは

1987年より世界の森林保護のために農業への認証を通して、野生生物の保護のみならず、森林地域の労働者と地域共同体の権利や社会的境遇を守るために活動している団体です。

厳しい基準を満たした農園などに与えられる認証で、これは環境・社会・経済面の持続可能性を義務付けた基準に準拠されたことを意味します。

フレッシュブリュー®のお問い合わせはこちら

資料請求・お見積り・ご相談

動画コンテンツ

COFFEE for FLEXIBLE WORK ~ FRESH BREW Ver.~0分52秒

COFFEE for FLEXIBLE WORK
~ FRESH BREW® Version ~
次の時代を創る “人と人との繋がり”

The Next Normal.
人間関係の構築に必要なアナログ・コミュニケーション。
コーヒーは“対面コミュニケーション”を円滑にし、
仕事におけるチームワークを高めるのにとても有効的です。
職場勤務の質を高める体験的価値を提供します。
フレッシュブリュー®は、
新鮮なコーヒーを一杯ずつ挽いて抽出しますので、
芳ばしい香りがコーヒーマシン周辺に漂います。

FRESH BREW®(フレッシュブリュー)ってなに?1分46秒

FRESH BREW® system
“フレッシュブリュー®ってなに?”

FRESH BREW®(フレッシュブリュー®)とは、
カフェのノウハウを組み込んだシングルサーブ
(一杯抽出)のコーヒーシステム。
寒い日や雨の日にカフェやコンビニエンスストアに行かなくても、
“挽きたて、淹れたて”の美味しいコーヒーをいつでも楽しめる、
オフィス専用カフェです。
鮮度を損なわずお届けする、美味しさの秘密を、
アニメーションでお伝えします。

  • FRANKE A600(フルオートコーヒーマシン)
    動画を見る

  • FRANKE A300 – Office Hero 動画を見る

  • E6 PLATINUM コーヒーマシンP1
    初めてお使いになる時は


トップへ